2024年5月14日Information Pregnancy loss TOP-contents 活動報告

お話会「レインボーベビーには会えなかったけど」を終えて

自分のケジメのためにも、4月の一時帰国中にやろうと決めたお話会

ストーリーズで流したところ、すぐにお申し込みが入りました。

参加登録された方のお名前を確認すると、友人の名前でちょっとびっくり!



連絡をとってみると

第二子が欲しくて、やっと妊娠したと思ったら、流産してしまいました。

年齢のこともあり、妊活をいつまで続けているか悩んでいて

今の私にドンピシャだったので、すぐにお申し込みしました!

とのこと。そのコメントで俄然やる気が出ました!





一時帰国中の忙しい中、一応スライドをまとめ、当日を迎えます。

蓋を開けてみると、42名の方が参加登録してくださっていました。


21時前、子供が寝るか寝ないかのところで、母親にバトンタッチし

実家の院長室でのお話会。

ややWi-fiの状況が悪かったようで、申し訳ありませんでした。





お話した内容

・私のグリーフ経験3回

・妊娠しなくなり、不妊治療をするのかどうかを真剣に考えるように

・夫婦間での考えの違いが明るみに

・中々捨てられない「兄弟がいた方がいいという感覚」

・一方、ステップファミリーとしての成長も

・40歳になり、老いを自覚。プレ更年期?と思うことも

・更年期の妊娠にご用心

・あきらめるって実はポジティブ

・結果を受け入れ、前に進む覚悟



私が一方的に話した後、思ったよりたくさんの方からコメントをいただきました。

悩まれていることを率直に教えてくださり、また感謝の言葉もいただけたので

やってよかったなぁと心の底から感じました。



今回事後アンケートを取らなかったので

許可を得まして、その友人の感想を紹介させていただきます。



まさに自分が考えていることで、参加できてよかったです。そう思っている人も多いだろうなぁと思いました。

40歳も近づいてきて、もう諦めようか、でもデッドラインを決める必要があるのか、など悶々としていました。

共感する部分が多く、自分だけじゃないんだと少しホッとできました。



また、私のこの活動をいつも応援している助産師さんからも、メールをいただき

改めてこれからも関連した活動を続けていこうと思った次第でした。



様々な医療現場で、妊孕性についてのカンファレンスに出席してきましたが

この分野だけは、いよいよ年齢で見られます。

知識はあり、頭ではわかっていましたが、

私の経験からも高齢であることが辛く重くのしかかってきました。





私がたくさんお会いしてきた




登録すると、アーカイブのリンクが送られてきますので

妊活いつやめようかなぁと悩んでいる方がいらしたら

ご覧になってみてください。






また、今後もピアサポートグループを開催しますので

インスタやウェブサイトをチェックしてみてくださいね。



Pregnancy Loss

お腹の赤ちゃんを亡くされた方へ Pregnancy Lossを一人で抱えていませんか? お腹の赤ちゃんを急に失った悲しみに寄り添い、心をケアする体制がまだまだ整っていません。…