Profile
Satoko Fox 岡本聡子

日本での臨床・研究の経験、スタンフォード大学での研究留学の経験を活かし、乳がんで亡くなる方をひとりでも減らしたい、流産で苦しむ方を一人でも多く助けたい との想いを胸にオンラインで活動しています。

1982年

小豆島生まれ。B型。4人兄弟の2番目で、岡山でのびのび育つ
広島大学附属中・高等学校に6年間、片道1時間半かけて通学。

2008年

川崎医科大学卒業

2011年

聖マリアンナ医科大学病院及び附属ブレスト&イメージングセンター勤務。

2018年

スタンフォード大学放射線科乳腺画像部門にvisiting assistant professorとして研究留学

2019年

結婚・出産をきっかけにサンフランシスコ・ベイエリアに移住を決意。聖マリアンナ医科大学には研究員として在籍

2020年

遠隔画像診断を再開。オンラインでの活動を始める。

2021年

Hologicでコンサルタントとして勤務開始

資格

医学博士
日本医学放射線学会 放射線診断専門医/指導医
日本乳癌学会 乳腺認定医 検診マンモグラフィ読影認定医(評価A)
乳がん検診超音波検査実施・判定医師
総合判定講習会受講済
ピンクリボンアドバイザー

私がなぜオンラインで活動し始めたのか?

乳腺画像診断を
追求し続けた8年

初期臨床研修修了後は乳腺の画像診断専門の放射線科医として、様々な施設での乳がん検診の読影・説明や、乳がん手術件数の多い大学病院での乳がん患者の術前診断や抗がん剤の効果測定、再発・転移のチェック、 マンモグラフィガイド下の針生検を担当してきました。 放射線科医というと老若男女の全身画像診断をするのはもちろんですが、私はとにかく、学会発表や論文の内容も含めほぼ全て、 「乳がんで亡くなる方を、一人でも減らしたい」という思いでひたすら乳腺画像診断に力を注いできました。

35歳で単身渡米

その後、2018年にスタンフォード大学の放射線科乳腺画像部門に研究留学。これまでの仕事が認められた喜びと新たな挑戦への期待を胸に、日々研究に邁進しました。 そんな折、何気なく参加した会で出会ったアメリカ人と結婚し、子供を授かりました。 家族を持つという夢が叶った一方で、グリーンカードや家族の関係で帰国することも難しく、それまで大学病院の勤務医として積み上げてきたキャリアを捨てることになり、 将来の見通しが立たない不安から産後のアイデンティティクライシスに。

臨床ではない、
第二の女医人生のスタート

キャリアの方向性を模索する中で、世の中にはオンラインで活躍している方がたくさんいることを知りました。今まで勤務医として働いた経験しかなかった私にとっては、未知なる世界でした。 特にこのコロナ禍で、セミナーも急速にオンライン化。 「そうか!オンラインで、自分でやってみればいいんだ」 チャレンジ精神旺盛で新しいものを取り入れるのが得意な私は、早速乳がん啓発のFBグループを作り、一般の方向けにオンラインセミナーを開始しました。 オンライン上とはいえ、人と関わり、感謝され、毎日が充実していくのを実感しました。

「まさか、私が」。
思いがけない3度の
Pregnancy Loss

こうして産後のアイデンティティクライシスを抜け出した頃、第2子を欲しいと思うようになりました。 ところが妊娠自体はするものの、流産、子宮外妊娠、そしてまた流産と、立て続けにお腹の赤ちゃんとお別れする悲しい経験をすることに。 もちろんこれまで医師としての知識を持って患者さんに寄り添ってきたつもりでしたが、いざ自分が患者側となると想像以上に耐え難く、年齢のせいだと何度も自分を責めました。 それでもこの苦しい出来事を力に変え、同じような辛い経験をされた方々の助けになりたいと思い、ピアサポート活動を始めました。

今後のビジョン

グリーンカードを取得後、アメリカの医療機器メーカーHologic(※1)でコンサルタントとして勤務を開始。 3DマンモグラフィでのAIプロジェクト(※2)に携わっており、今後も乳腺放射線科医として、最先端のテクノロジーを用いて乳がんの画像診断の発展に携わっていきたいと考えています。

私自身が乳がんリスクの高い年齢になってきていることもあり、乳がんはまさに自分事。乳がん啓発への想いは一層高まっています。 また、臨床とは別のカタチで乳がんや流産と向き合う方々と接するうちに、病院では手の届かないところに、まだまだサポートが必要なことを知りました。
今後はもっとココロに寄り添った活動もしていきたいと考えています。

女性の私だからこそ、オンラインだからこそ、できることがあると信じています。本当に必要な方に必要なケアを提供できるよう、カタチに囚われず、そして色々な職種の方を巻き込みながら、一緒に考えていきたいと思っています。

あなたの、そしてあなたを支える家族の力になりたい。
乳がんや流産などで心配なことがあったら、いつでもご連絡ください。

※1 Hologic https://www.hologic.com/
※2 AI プロジェクト https://www.hologic.com/hologic-products/breast-health-solutions/genius-ai-detection-technology

主催グループ・コミュニティについて
Breast awareness
with joy Satoko
Breast Awareness 乳がんについて学ぶコミュニティ

300人以上のメンバーが参加している世界の乳がん検診、乳がんについて学ぶコミュニティ。
セミナーのFB liveも行っています。

ピンクリボン
助産師さんグループ
ピンクリボン助産師さんグループ

「助産師さんだからこそ救える命がある」その使命を共にしたメンバーと学ぶコミュニティ。月1回のグルコンとメンバーだけに伝えるQ&A配信を行っています。

Pregnancy Loss
ピアサポート+
Pregnancy Loss ピアサポート+

医師であり、経験者だからこその想いを持って、月に一回ピアサポートグループを開催しています。

メンバー
Wecolla ウィコラ

カリフォルニア州サンフランシスコ・ベイエリアで
女性の一生・地域の健康に寄り添い活動中

link
チームWADA

海外で働く医療者と海外留学に興味を持つ学生が集まって結成されたNPO団体。在米医師のセカンドキャリアについて発信

link
BC TUBE

乳腺・乳がんに関する情報を発信している
YouTubeチャンネルでメンバーの一員として動画発信中

link
活動実績について
第3回目助産師さんグルコンを終えて

9月23日金曜日に、第3回目の助産師さんグルコンを行いました! 先月の対談以降に新しくグループに参加してくださった方も多かったので、また簡単に自己紹介。 ミニ講座のテーマは「妊娠・授乳期乳がん 知っておいてもらいたいエッ […]

>
第8回 pregnancy lossピアサポートグループを終えて

急に秋らしくなり、カリフォルニアには珍しく雨が降った昨日 朝からちょっとセンチメンタルな気分でした。 そんな中、第8回目のピアサポートグループを行い アメリカから1名、日本から2名の方が参加してくださいました。 ピアサポ […]

>
対談【助産師さんだから知ってもらいたい乳がんの話】を終えて

8月26日(金) 私は朝の6時、日本は22時に 対談イベント【助産師さんだから知ってもらいたい乳がんの話】を開催しました! 直前にお申し込みが急増し、参加登録は123名 日本は夜遅い時間帯にも関わらず、81名の方がライブ […]

>

Owned Media

アメブロ

女医の第2のドタバタ人生
IN CALIFORNIA

アメリカでの生活や国際結婚・子育てなど、プライベートな話題も織り交ぜ発信中です

note

女医の女医による
女医のためのブログ

若い女医さん/女子医学生へのメッセージを自身の経験や思い出を交えながら綴っています

主な研究実績・論文について

論文

執筆

講師・講演

  • 乳がんの精査における3DTM Image Guided Breast Biopsyの展望, 第27回日本乳癌画像研究会, 2018年2月
  • 川崎市乳がん検診二次読影会読影医研修会, 2018年1月
  • 川崎市乳がん検診二次読影会読影医研修会, 2016年1月
  • 乳がんの画像診断, 第34回画像医学会, 2015年2月
  • 川崎市乳がん検診二次読影会読影医研修会, 2015年1月

国際学会発表

  1. Chen S, Okamoto S, Covelli J, DeMartini W, Daniel B, Ikeda D.
    Pure Fibrocystic Change diagnosed at MRI-guided Vacuum-Assisted Breast Biopsy: Imaging Features and Follow-up Outcomes.
    5th World Congress on Controversies in Breast Cancer (CoBrCa), Sep 2019, San Francisco, USA.
  2. Okamoto S, Chen S, Covelli J, Daniel B, DeMartini W, Ikeda D.
    Magnetic resonance imaging features of pure sclerosing adenosis in the breast undergoing Vacuum Assisted Breast Core Biopsy.
    5th World Congress on Controversies in Breast Cancer (CoBrCa), Sep 2019, San Francisco, USA.
  3. Itakura H, Ikeda D, Okamoto S, Chen S, Rester B, Gude D, Marronen S, Alkim E, Todderud J, Acheueler E, Rubin D, Sledge G, Kurian A
    Radiolomics features to identify distinct subtypes of triple-negative breast cancers.
    2019 annual meeting, June 4, 2019, Chicago, IL, USA.
  1. Okamoto S, Covelli J, Chen S, Daniel B, Ikeda D.
    Focal areas of NME undergoing MRI-guided VABB: outcome and frequency of  malignancy.
    2019 ISMRM, May 2019, Montreal, Canada.
  2. Okamoto S, Covelli J, DeMartini W, Daniel B, Ikeda D. 
    High-risk lesions diagnosed at MRI-guided vaccum-assisted breast biopsy:  imaging characteristics, outcome of surgical excision or imaging follow-up. 
    2018 Antonio Breast Cancer Symposium. December 2018, San Antonio, TX, USA
  3. Wong M, Patel R, DeMartini W, Xu Y, Todderud J, Okamoto S, Daniel B, Ikeda D. 
    Fate of BI-RADS 3 lesions: An analysis of the characteristics, follow up, diagnostic workup, and cancer rate of probably benign lesions seen at breast MRI.
    Radiological society of North America 2018. December 2018, Chicago, IL, USA.
  4. Yamada T, Okamoto S, Kanemaki Y, Nakajima Y.
    Comparison of abbreviated breast MRI between based on diffusion weighted images and post-contrast MRI: diagnostic ability in terms of screening setting.
    European Congress of Radiology 2018, March 2018, Vienna, Austria
  5. Okamoto S, Yamada T, Kanemaki Y, Kojima Y, Tsugawa K, Nakajima Y.
    Magnetic Resonance Examination to Predict Pathological Complete Response 
    Following Neoadjuvant Chemotherapy: When Is It Appropriate for HER2-positive and Triple-negative Breast Cancers? 
    The 75th Annual Meeting of the Japan Radiological Society, April 2016, Kanagawa, Japan
  6. Tomita H, Miyakawa K, Wada S, Okamoto S, Morimoto T, Kishimoto K, Nakajima Y.
    Features of lesions protruding into esophagus visualised by esophagography, CT and MRI
    European Society of Gastrointestinal and Abdominal Radiology Meeting, June 2015, Paris, France
  7. Okamoto S, Morimoto T, Miyakawa K, Nakajima Y.
    Radiologic findings of esophageal cancer associated with achalasia, 26th   
    European Society of Gastrointestinal and Abdominal Radiology Meeting, June 2015, Paris, France
  8. Fujikawa A, Kurihara Y, Okamoto S, Ikeda H, Tomita H, Umano S, Kadoi T, Yamashiro T, Kurihara Y, Nakajima Y
    MRI appearance of stellate ganglion: The variety of the anatomical location and morphology
    The 72nd Annual Meeting of the Japan Radiological Society, April 2013, Kanagawa Japan

国内学会 / 研究会発表

  1. 首藤昭彦, 岡本聡子, 印牧義英, 遠藤芙美, 本吉愛, 志茂彩華, 白英, 小島康幸, 上島智子, 川本久紀, 福田護, 津川浩一郎
    カテゴリー3 集簇石灰化に対するステレオガイド下生検にて発見された乳癌の病理学的特徴の検証,
    第26回日本乳癌学会学術総会, 2018年5月
  2. 則武睦未, 岡本聡子, 印牧義英, 川本久紀, 首藤昭彦, 津川浩一郎, 中島康雄, 福田護, 前田一郎
    全身拡散強調画像を用いた乳癌遠隔転移の診断:PET-CTとの比較検討
    第26回日本乳癌学会学術総会, 2018年5月
  3. 浅田達徳, 藤原圭史, 岡本聡子, 印牧義英, 山田隆之, 中島康雄
    乳腺MRIカテゴリー評価のためのnon-mass enhancement 所見(BI-RADS5版)のグレード分類の検討,
    第77回日本医学放射線学会総会、2018年4月
  1. 岡本聡子, 印牧義英, 中島康雄, 津川浩一郎, 福田護
    乳癌における術前化学療法の効果判定の画像診断 USとDWIを用いて
    第40回乳腺甲状線超音波医学会学術集会, 2018年3月
  2. 岡本聡子
    乳癌のサブタイプと術前化学療法の画像診断
    湾岸画像倶楽部, 2018年1月
  3. 印牧義英, 岡本聡子, 坂部亜希, 福田護, 中島康雄
    乳癌検診の必須知識 チームワーク医療のために知っておくべきこと乳房MRI検診
    第27回日本乳癌検診学会学術総会, 2017年11月
  4. 岡本聡子, 印牧義英, 中島康雄, 福田護
    検診マンモグラフィにおける乳腺濃度判定の乖離について
    第27回乳癌検診学会, 2017年11月
  5. 前里美和子, 古谷悠子, 後藤由香, 市瀬雅寿, 岡本聡子, 印牧義英, 中島康雄, 福田護, 吉村美紀, 川崎真奈美, 倉富奈央子, 中谷叔訓
    マンモグラフィ画像を用いた超音波病変位置推定機能「エコースキャンガイド」の基礎的
    第27回乳癌検診学会, 2017年11月
  6. 友野亜妃子, 神蔵奈々, 古谷悠子, 後藤由香, 松崎邦弘, 岡本聡子, 川本久紀, 福田護, 印牧義英, 岡本聡子, 坂部亜希, 福田護, 中島康雄
    乳腺専門クリニックにおける造影剤急性副作用の出現状況と医療チームでの対応
    第25回日本乳癌学会学術総会, 2017年7月
  7. 古谷悠子, 後藤由香, 岡本聡子, 神蔵奈々, 友野亜妃子, 松崎邦弘, 川本久紀, 福田護
    乳腺専門クリニックにおける造影剤に対するスタッフの知識調査と今後の課題
    第25回日本乳癌学会学術総会, 2017年7月
  8. 首藤昭彦, 印牧義英, 岡本聡子, 遠藤芙美, 志茂彩華, 小島康幸
    術前化学療法にてpCRを得られた浸潤性乳管癌28例の検討,
    第25回日本乳癌学会学術総会, 2017年7月
  9. 岡本聡子, 印牧義英, 川本久紀,首藤昭彦,中島康雄, 津川浩一郎, 福田護
    術前化学療法を行ったtriple negative乳癌とHER2陽性乳癌における予後予測因子の検討,
    第25回日本乳癌学会学術総会, 2017年7月
  10. 岡本聡子
    チームで挑む!乳腺診断
    第26回日本乳癌画像研究会, 2017年2月
  11. 岡本聡子
    当施設のMRI検出病変の検討,
    第26回日本乳癌画像研究会, 2017年2月
  12. 印牧義英, 岡本聡子
    ディベート「日本においてハイリスク乳房MRIスクリーニングは必要か」,
    第13回乳房MRI研究会, 2017年1月
  13. 前里美和子, 古谷悠子, 後藤由香, 岡本聡子, 印牧義英, 川本久紀, 福田護
    乳腺濃度からみたマンモグラフィ乳がん検診の問題,
    第26回日本乳癌検診学会学術総会,2016年11月
  14. 首藤昭彦, 印牧義英, 岡本聡子, 吉田谷芙美, 吉江玲子, 小島康幸, 白英, 川本久紀, 福田護, 津川浩一郎
    術前針生検にて悪性診断が得られないもののPEMにてFDG集積を認めた乳がん5症例の検討,
    第24回日本乳癌学会学術総会, 2016年6月
  15. 藤原圭史, 印牧義英, 岡本聡子, 浅田達徳, 小島康幸, 前田一郎, 津川浩一郎, 中島康雄
    乳房MRIにおける乳腺腫瘤のBI-RADS categorizationの有効性,
    第75回日本医学放射線学会総会, 2016年4月
  16. 岡本聡子
    妊娠を契機に増大した乳房腫瘤の一例,
    第12回乳房MRI研究会, 2016年1月
  17. 坂部亜希, 印牧義英, 岡本聡子, 川本久紀, 首藤昭彦, 福田護, 中島康雄, 津川浩一郎
    BI-RADS MRI(第5版)に基づいたレポーティングシステムの構築:当院の経験について
    第446回日本医学放射線学会関東地方会定期大会, 2015年12月
  18. 劉孟娟, 川本久紀, 上島知子, 白英, 印牧義英, 岡本聡子, 高木正之, 福田護, 津川浩一郎
    乳房埋入インプラント破裂における画像診断と処置が必要な2例,
    第23回日本乳癌学会学術総会, 2015年7月
  19. 大矢慶美, 後藤由香, 前里美和子, 印牧義英, 岡本聡子, 川本久紀, 福田護
    当施設における任意型乳がん検診(乳房MRIドック)の実際,
    第23回日本乳癌学会学術総会, 2015年7月
  20. 岡本聡子, 印牧義英, 川本久紀, 首藤昭彦, 中島康雄, 津川浩一郎, 福田護, 前田一郎, 嶋本裕
    当施設における乳房MRIによる乳がん検診,
    第23回日本乳癌学会学術総会, 2015年7月
  21. 岡本聡子, 宮川国久, 西尾美佐子, 岸本佳子中島康雄, 牧角良二, 戸澤晃子, 藤野節, 高木正.
    卵巣腫瘍と鑑別を要したpresacral epidermoid cystの一例,
    JSAWI 2014(Japanese society for the advancement if Women’s Imaging), 2014年9月
  22. 嶋本裕, 岡本聡子, 印牧義英, 中島康雄, 白英, 川本久紀, 首藤昭彦, 津川浩一郎, 福田護, 前田一郎
    当施設での乳腺MRI読影の検討,
    第22回日本乳癌学会学術総会, 2014年7月
  23. 岡本聡子, 嶋本裕, 印牧義英, 中島康雄, 矢吹由香里, 速水亮介, 津川浩一郎, 福田護, 前田一郎
    当施設で行われたステレオガイド下乳房生検と乳腺MRIの検討,
    第22回日本乳癌学会学術総会, 2014年7月
  24. 嶋本裕, 岡本聡子, 印牧義英, 中島康雄, 白英, 川本久紀
    本施設におけるMRガイド下生検の初期成績,
    第21回日本乳癌学会学術総会, 2013年6月
  25. 印牧義英, 嶋本裕, 川本久紀, 首藤昭彦, 福田護, 岡本聡子, 中島康雄
    DCISに対するPEM(positron emission mammography)の使用経験,
    第21回日本乳癌学会学術総会, 2013年6月
  26. 岡本聡子, 印牧義英, 嶋本裕, 小川普久, 中島康雄, 河原太, 矢吹由香里, 津川浩一郎, 前田一郎.
    心筋転移の疑われたscirrhous carcinomaの一例,
    第21回日本乳癌学会学術総会, 2013年6月
  27. 岡本聡子, 印牧義英, 嶋本裕, 中島康雄, 白英, 川本久紀, 首藤昭彦, 福田護, 津川浩一郎, 前田一郎, 前里実和子, 倉持冬美, 後藤由香, 佐藤光也, 市瀬雅寿.
    当クリニックにおける検診発乳癌の検討,
    第22回乳癌検診学会, 2012年11月
  28. 嶋本裕, 岡本聡子, 印牧義英, 中島康雄, 白英, 川本久紀,
    MRIガイド下生検により両側性同時性乳癌が発見された症例,
    第20回日本乳癌学会学術総会, 2012年6月
  29. 岡本聡子, 印牧義英, 嶋本裕, 中島康雄, 岩重玲子, 福田護, 津川浩一郎, 前田一郎.
    PEM(positron emission mammography)で集積が認められた乳腺基質産生癌の一例,
    第20回日本乳癌学会学術総会, 2012年6月
  30. 嶋本裕, 岡本聡子, 坂部亜希, 印牧義英, 中島康雄
    当クリニックにおけるMRIガイド下乳房生検の経験,
    第7回乳腺MRI・Intervention研究会, 2012年2月
  31. 岡本聡子, 印牧義英, 嶋本裕, 中島康雄, 川本久紀, 福田護, 津川浩一郎, 前田一郎.
    市検診を契機に見つかったDCIS in radial scarの1例,
    第21回乳癌検診学会, 2011年10月